お気軽に何でもご相談ください

お問い合わせ

乳幼児救急蘇生とは

TOP > 乳幼児救急蘇生とは

タイムリミットは4分!現場での救命ケアがこどもをまもる ~緊急時にパニック状態に陥っても、実践できる蘇生法を身につける~

意識されていますか?園児達の緊急事態!!

今元気に遊んでいる園児達の心臓が突然止まるなんて、予想もされていないと思います。ただ、世の中に絶対はないと言われますが、心臓だけは、いつかは絶対止まります。なぜ、こどもの心臓が止まることを想像しないかというと、おそらく止まる原因をご存知ない方が大半だからだと思われます。近年、乳幼児施設での、死亡事故が多発しています。生まれながらに心臓に疾患をお持ちの子供さんは別として、小さい子供達の心肺停止も、いつ発生してもおかしくありません。
今と一昔前とでは、こどもたちを取り巻く環境の変化により、食生活も変わってきています。食生活が変わってきたということは、子供達の体も昔とは違ってきているということです。発育面であったり、昔なかった病気を発症したり、骨折などをしやすくなったりと、危険に晒される可能性が、大変増加しています。
園児同士の衝突や遊具などからの落下で、胸部周辺を打撲した場合に発生する可能性のある“心臓震盪(しんぞうしんとう)”が、大変懸念されています。

ご存知ですか?園児たちの心肺停止の特徴!

現場に居合わせる可能性かある、すべての方々に学び身につけていただきたいのです。

乳幼児の心停止の殆どが、呼吸原性心停止。かぜや食中毒など感染症が呼吸器系を侵し、発生する心停止もあります。大人と違い、体調変化のスピードが早いことから、短い周期での見回り観察による早期発見、冷静な判断と処置が、保育現場では不可欠となります。

的確な救命の手順や手当の目的を熟知されていますか?

いつ発生してもおかしくない乳幼児の心停止。心停止の場合は、最初に子供の異変に気づいた先生が、冷静に救命処置を開始しなければなりません。
こども達の安全を守るため119番通報と救急蘇生法を実施できるようにしておかなければなりません。

準備
こどもたちの危機・緊急事態とは何かを知るということ。危険を知らなければ予測できません。
訓練
緊急事態を想定した訓練を実施する事で、頭で考える前に動ける習慣として身につけます。
真の救命を身につける
準備、訓練が意識に刻みこまれれば、緊急時にすべきことが習慣化し、体が自然に反応して行動できるようになります。

乳幼児救急蘇生

突然の心肺停止の際に私たちには何ができるでしょうか?子どもたちを救うため大人がすべき事があります。
「何より救急蘇生を行ううえで最優先されるのは胸骨圧迫である。」ということをしっかりと知っていただきたいのです。

ご存知ですか?
なぜ乳幼児は呼吸原性心停止が9 割を占めているのか?
乳幼児救急蘇生法( 救命手当) の注意点、成人の救命手当との違いは?
詳しく見る

心臓震盪

健康なこどもの突然の心肺停止です。「いつ発生してもおかしくない」この認識をしっかりとお持ち下さい。心臓震盪の発生したら子どもを助けることが最優先です。心臓震盪を知らなくて助ける事ができるでしょうか?
まずは心臓震盪の事を知ってください。

ご存知ですか?
もともと心臓の病気がないこどもに起こります
起こってから3分以上経つと、命を救うことが難しくなります。
詳しく見る
すまいるNET
すまいるNETとは?会員・認定園になるために
園紹介
会員園様ログイン

MEDIC First Aid MFA JAPAN公認 トレーニング・センター

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト