お気軽に何でもご相談ください

お問い合わせ

事故事例・ニュース

TOP > 事故事例・ニュース > 事故案件 > 2011年3月4...

2011年3月4日横浜:家庭保育福祉員で男児死亡

「家庭保育」中に6カ月の男児死亡、女性家庭保育福祉員の自宅で/横浜

2011年 3月4日(金)0時45分配信カナロコ

 横浜市は3日、同市鶴見区内の30代の女性家庭保育福祉員の自宅で、保育していた男児(6カ月)が2日に死亡したと発表した。同日午後2時20分ごろ、無呼吸状態になっているのを同福祉員が見つけ、119番通報。男児は病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。

 市によると、当時、同福祉員は死亡した男児を含め3人の乳幼児を保育していた。男児は午後2時ごろから、布団の上であおむけの状態で寝ていたという。鶴見署は司法解剖して死因を調べる。

 家庭保育福祉員は、3歳未満の乳幼児を保護者に代わって、主に自宅を保育場所に家庭的な雰囲気の中で保育する制度。市内では保育士などの資格を持つ52人を認定。乳幼児165人が利用している。

家庭保育中に死亡の男児、死因は乳幼児突然死/横浜

2011年3月4日朝日新聞

 横浜市鶴見区の家庭保育福祉員の自宅で死亡した生後6カ月の男児の死因について、鶴見署は4日、司法解剖の結果「乳幼児突然死症候群」だったと発表した。同署によると、事件性はないという。男児は2日午後、布団の上で無呼吸状態になっているのを家庭保育福祉員に発見され、搬送先の病院で死亡が確認されていた。

すまいるNET
すまいるNETとは?会員・認定園になるために
園紹介
会員園様ログイン

MEDIC First Aid MFA JAPAN公認 トレーニング・センター

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト