お気軽に何でもご相談ください

お問い合わせ

事故事例・ニュース

TOP > 事故事例・ニュース > 事故案件 > 2013年10月...

2013年10月17日神奈川:おやつで卵アレルギー発症

おやつで卵アレルギー発症、小2男児が市立の児童クラブで/相模原

2013年10月17日カナコロ

 相模原市は17日、同市南区内の市立児童クラブで、卵アレルギーのある小学2年生の男児(8)に卵を使用したおやつを提供した、と発表した。男児はかゆみなどのアレルギー症状を発症、病院で処置を受けた。

 市こども育成部によると、男児は11日午後3時10分ごろ、児童クラブで棒アイスを食べた。卵不使用のものもあったが、児童に選ばせる形で一緒に出した。10分後、耳のかゆみを訴えた男児が女性指導員(60)に卵使用の有無を確認したが、指導員は原材料を確かめず食べさせ続けた。

 指導員があらためて原材料を確認したところ、卵が入っていた。帰宅後、男児にさらに喉のかゆみや呼吸の乱れが出たため、病院で処置を受けた。

 この児童クラブでは、食物アレルギーのある児童には個別におやつを提供していたが、この指導員は「購入担当の指導員から卵使用の有無の説明がなかったので、すべて不使用と思い込んだ」と説明している。

 同部は「アレルギーのある児童には直接手渡すなど、マニュアルを見直したい」としている。

すまいるNET
すまいるNETとは?会員・認定園になるために
園紹介
会員園様ログイン

MEDIC First Aid MFA JAPAN公認 トレーニング・センター

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト